ブログトップ

食活@kitchen

syokukatsu.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新年のごあいさつ

みなさま、明けましておめでとうございます。

昨年は食活の講座に、ご参加、ご協力いただき、本当にありがとう
ございました。

2013年も引き続き、農と食と人とがもっと身近につながりあえる場
を提供することで、みなさんと共に楽しく、おいしく、心豊かになれる
学びを続けていきたいと願っています。

「食べるって、いいね!」
「食べるって、深いね!」
「食べるって、大事だね!」って、みなさんと一緒に感じたいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


1~3月の食活は、西島ファーム(大沢野)の無農薬玄米こうじを使っ
た教室を中心に開催します。

「玄米塩こうじ教室」1/20、2/15、3/8
「玄米みそづくり教室」1/30、3/3
「米ぬかふりかけ教室」2/21

詳細は12月の投稿をご覧ください。
空きあります。ご参加お待ちしています。

                       食活@kitchen 吉田千佳



以下は、つぶやきです。。。。。

大阪の実家へ正月帰省した時に、母と京都へ。
六角堂(お寺)や京都文化博物館をウロウロ・・・
そして、あるショップにふらりと立ち寄りました。

オーガニックコットンや、麻の洋服や雑貨を扱うお店でした。

そこのオーナーさんは衣食住、今、やり直さないと、日本は大変な
ことになる!そのことに気付いてほしい!とショップをやっている
のだそう・・・。いただいた冊子の中に、私のスイッチが入りました。

食についてのある方の報告でした。

荒れまくっていた中学校を食の見直しから立て直したお話でした。
口から入るもの(食べ物)次第で、体も・心も・脳も活性化するか!
しないか!が変わるそうです。

「いのちあるもの」をいただいて、人間は生きている。食べることは、
生きること。いのちに感謝する心とつながる。

どんなものを食べるかで、地域の人間の質や、学校・治安まで変
わったという説でした。

ものすごく大変な挑戦が結果を出したすごい例だと思いました。


人は気づかない限り、何事も改善には向かえない。
直接的ではない取り組みが回りまわって影響する。
「食」は基本の基。やっぱり、大事だ~!って伝えなきゃ!

こどもはお母さんの味で育ちます。
私ももちろんそうでした。

でも、いわゆるおふくろの味の記憶はあまりなく、オムレツやコロッ
ケ、鶏レバーの煮つけなんかが子供のころは好きだったかな・・・。

コンビニもお惣菜もなかったこども時代。贅沢なものなんてなかっ
たけど、何でもおいしかったなあ。全部、手作りしていたからです。
母はエライなあと思います。

70歳を過ぎても元気に出歩きまわって、おしゃれも忘れず、新しい
もの好きで、「塩こうじ」も使えるおばあちゃんですわ(笑)

今、考えると、やっぱりお母さんのさじ加減
=いい加減=イイ加減なんです。きっと・・・

お母さんの作るものなら、ヘビロテで回ってきても食べられる(笑)
余計なものを入れず、いい加減で不安定だからこそ飽きない・・・

それこそが、自分が母親になって、こどもたちに伝えなきゃいけない
大切な伝承なんじゃないかと、改めて思うのです。

うちの子供たちがお母さんの味!って自信を持って言ってくれる
料理ってあるのかな・・・

巣立っていくまでに、しっかり作って、食べさせなきゃ!


2013年1月  吉田千佳(年始のつぶやき)
[PR]
by syokukatsu36 | 2013-01-07 16:18 | ちかさんの暮らし