ブログトップ

食活@kitchen

syokukatsu.exblog.jp

無農薬レモンの活用法

今週末、9/23日曜日10時~
富山市民プラザ前で、越中大手市場が開催されます。

野菜ソムリエブースにて、無農薬レモンが販売されるそうです。

世の中のレモンのほとんどが農薬づけ。。。

貴重な無農薬がゲットできたなら、

「塩レモン」を作って、プチ保存食にして、長い期間楽しみましょう!

「塩レモン」の作り方

dancyuで紹介されていた料理研究家の赤坂みちよさんのレシピです。

仕込から一ヶ月かかるのが正規の作り方なんですが、そんなに待てない方は、dancyuサイトで「速成版塩レモン」で、やってみてください。

私は正規のやり方で、レモンはスライスしちゃって作りました!
小さく刻むのも楽だし、なかなかよかったですよ。

●材料(1Lビン容量)
レモン(無農薬)大3個(約500グラム)
自然塩50グラム(私は天日塩を使用)

●作り方
①レモンは洗って、水気をふき、5ミリ幅ぐらいにスライスし、種を取り除く。
②熱湯殺菌したビンに①のレモンと塩を入れて、ふたをする。
③冷暗所に置き、時々、ビンを振って、塩が溶けて、水が上がるのを待つ。
④2~3日で水が上がらない場合は、濃度10%の塩水かレモンの絞り汁をレモンがひたひたになるまでつぎたす。
⑤2週間から1ヶ月で、塩と酸味ががなじみ仕上がりです。
⑥完成後は、冷蔵庫保存。

●使い方
・刻んで、手作りドレッシングや、マリネ液に。
・焼いた魚や肉にハーブと一緒に刻んでトッピング。

塩分がしっかりついてるので、液体レモン塩感覚で使ってみてください。
さわやかな塩気がやみつきですよ~~~~~
[PR]
by syokukatsu36 | 2012-09-20 09:23 | ちかさんの暮らし
<< 米ぬかふりかけ教室開催 食活10月スケジュール >>